現役の保育士ピアノレッスン「園児を意識してピアノ練習を」途中で止まらないように弾く

保育士と園児が歌を歌うイラスト

現役の保育士さんのピアノレッスンについての記事となります。

現役の保育士さんは、ピアノを弾きながら園児と一緒に歌う「弾き歌い」を目指してピアノレッスンを受ける方が多いです。

ピアノ初心者の方にとって「弾き歌い」はなかなか難しいので、最初は、ピアノを弾く事から始めていただきます。

ただ、ピアノを練習するにしても「園児を意識してピアノ練習」をしましょう、とお伝えしています。

園児を意識してピアノ練習を

「園児を意識してピアノ練習」を具体的に言うと

  • 途中で止まらないようにピアノを弾く(園児の歌が止まってしまうので)
  • 一定のテンポで弾く(テンポが所々変わると、園児が歌いづらいので)

この2つを大事にしてピアノを練習していただきたいですね。

本日のブログでは「途中で止まらにようにピアノを弾く」について書きます。

「一定のテンポで弾く」については、次回の記事で書きます。

途中で止まらないようにピアノを弾く

生徒様

間違えずに弾くという事ですか?

講師

間違えても、右手だけでも、左手の伴奏だけでも弾き続けるという事です。ピアノが止まってしまうと、園児の歌も止まってしまいます。

「間違えても、右手だけでも、左手の伴奏だけでも弾き続ける」のも、すごく難しい事です。

途中で間違えて「あっ間違えた」という声がでてしまい、手が止まってしまう…ほとんどの方が(私も含めて)そうなってしまうと思います。

そして、自分の弾きやすい所に戻って、弾き直すというのが、よくあるパターン(私もです)

それを止めましょう~と言われても、すぐにはできませんよね。

音符と線

途中で間違えても声をださない事から始めましょう

まずは、「 途中で間違えても声をださない事から始めましょう 」そうお伝えしています。

「声をださないように」意識する事から始めていただきます。

自分の弾きやすい所に戻って弾き直す事を止めましょう

もう一つは、「自分の弾きやすい所に戻って、弾き直す事を止めましょう」も大事です。

弾きやすい所に戻らず、間違えた所から始められるといいですね。

楽譜をしっかり見る事にもつながります。

間違えても、そのまま続けて弾ける事が理想ですが、いきなりは難しいので、まずはここから。

まとめ

どんな事も徐々にですよね。いきなり、いろいろ言われても難しいです。

間違えて声がでる、弾きやすい所に戻って弾き直す、普通の事です。

私も間違えて大きなため息が出る事があります。

まずは「園児を意識する事」から始めてみるのはいかがでしょうか。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」

未経験の方、初心者~経験者の方、シニアの方、60歳以上の方、大歓迎。
独学、再開の方もお待ちしています。

8/31~9/30の体験、新規ご入会レッスンは、オンラインで行います。詳細はこちらから