現役の保育士ピアノレッスン「園児を意識してピアノ練習を-その2」一定のテンポで弾く

メトロノームと花

現役の保育士さんのレッスンでは「園児を意識してピアノを練習するといいですよ」とお伝えしています。

今回の記事は、その第二弾。「一定のテンポで弾く」についての記事となります。

関連記事リンク↑

ピアノを「一定のテンポで弾く」理由

現役の保育士さんは、弾き歌いを意識して、ピアノ練習している方が多いです。

ピアノを弾きながら歌う事が、弾き歌い。

園児は、保育士さんのピアノに合わせて歌います。ピアノの演奏が、速くなったり、遅くなると歌いにくいですよね。

弾き歌いをする時は、ある程度、一定のテンポでピアノを弾く事が大事になってきます。

メトロノームを使う

ピアノを「一定のテンポで弾く」為に、どんな練習をすればいいのでしょうか。

レッスンでは「メトロノームを使いましょう」とお伝えしています。

初心者(未経験)の方は、ピアノを弾くのに精一杯で「とてもメトロノームに合わせるなんて」と思う方もいらっしゃるでしょう。

まずは、片手でもいいのでチャレンジする事をおススメします。

それでも難しい場合は、メトロノームに合わせて、手をたたくのはどうでしょうか。少しづつ慣れてきますよ。

メトロノームはご入会後すぐに

生徒さん(現役の保育士さん)にも、ご入会後すぐに同じようにお話しています。

「園児の声と思って、メトロノームを使ってみてください」超正確な歌声ですけどね。

「ピアノに慣れてから」「もう少し弾けるようになってから」メトロノームを使おうと考えていると、慣れるのに苦戦する場合もあります。

ピアノを始めて「すぐに」がいいんじゃないかな、と思っています。

自分の思っているテンポだけでピアノを弾いているより、メトロノームに合わせる事に慣れておけば、園児の歌にも合わせやすいでしょう。

メトロノームの種類

電子ピアノ、キーボードで練習している場合、メトロノームが内蔵されている機種をお持ちの方もいるでしょう。

スマートフォンのアプリにもメトロノームがあります。

ただ、教室で使っている昔ながらのメトロノームの音に癒されるという方もいらっしゃるので、ご紹介しますね。

振り子式のメトロノームです。

振り子式メトロノーム

(青いテキストと画像はアマゾンへリンク)

教室で使っているのは、ゼンマイで動くこのタイプ。長く使っていますよ。水平に置くのがポイント。

電子式のメトロノームもあるので、こちらもご紹介します。

電子式メトロノーム

(青いテキストと画像はアマゾンへリンク)

電子式のメトロノームは使った事がないですが、小ぶりで持ち運べるのが便利そうですね。

電子式の物は、スリムタイプ、クリップ式などいろいろあります。

まとめ

現役の保育士さんのピアノレッスンで、これからもメトロノームを上手く活用していこうと思っています。

一定のテンポでピアノ弾くのに、とても役立ちます。

今回の記事は、趣味で習う方のお話ではありません。別の機会に、趣味で習う方とメトロノームについて、ブログで書きますね。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」

未経験の方、初心者~経験者の方、シニアの方、60歳以上の方、大歓迎。
独学、再開の方もお待ちしています。

8/31~9/30の体験、新規ご入会レッスンは、オンラインで行います。詳細はこちらから