ブルート音記号音符イラスト

50代、60代の生徒さんが、レッスンでピアノのペダルを練習し始めました。

皆さん、同じ時期に。なんて偶然なのでしょう。

「ピアノのペダルは難しい」「両手でピアノを弾いて、足でペダルなんて無理」

そう思われる大人の方へ、ペダルのポイントと、のりえピアノ教室の取り組みをお伝えします。

ピアノのペダル2つのポイント

ピアノのペダルは、2つのポイントがあります。

足はペダルにのせたまま

1つ目のポイントは「足はペダルにのせたまま」この事について、詳しく説明しますね。

ペダルは、ずっと踏み放しではありません。

響きに合わせて、踏み換えします。

ペダルの踏み換えって、どういう事ですか?

のりえピアノ教室講師

踏んでいたペダルを上げて、再度ペダルを踏むことです。

ペダルを踏み換える時は、床に踵をつけて足はペダルにのせたまま。足を浮かしたり、離したりしません。

車の運転をイメージしてみてくださいね。

足はのせたまま操作しますよね。踵も付けたまま

ピアノのペダルも同じです。

ペダルを離す時はどうするの?

ピアノのペダルを離す時はどうするの?

その場合は、ペダルのバネの力を利用します。

足をのせたまま、足の力を抜くと自然とペダルが上がります

踵は付けたまま、行ってくださいね。

前出と同じく、車の運転を思いだしていただくと、わかりやすいです。

ピアノで音を弾いた直後にペダルを踏む

もう1つのポイントは「ピアノで音を弾いた直後にペダルを踏む」という事です。

こちらも説明しますね。

ピアノで音を弾いたと同時にペダルを踏むと、響かないです。ペダルの力が発揮できません。

音を弾いた直後にペダルを踏むと、美しく響きます。

直後に踏む」は、間髪入れずという感じです。

言葉で説明するのは難しいですよね。

わかりづらい!

長男に言われました(笑)

詳しく知りたい方にむけて、教室で使っている教本を紹介します。

ピアノレッスンで行っているペダルの練習

ピアノレッスンでは、教本を使ってレッスンをしています。大人の生徒さん一人一人に応じて、必要なところを使っています。

おとなのためのピアノ・ペダリング

↑テキストはアマゾンへリンクしています。

毎回のレッスンでペダルの練習をするようにしていますよ。

少しずつ慣れていただければいいなぁと思っています。

最初は難しく感じるかもしれませんが、ペダルを習得できれば、更に素敵な響きでピアノが弾けるようになります。

焦らず、無理せず、ペダルの練習をしていきましょうね。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」
無料体験レッスン実施中

未経験の方、初心者~経験者の方、シニアの方、60歳以上の方、大歓迎。
独学、再開の方もお待ちしています。

↓各ページをご覧いただけます