大人の再開ピアノレッスン「どんな教本を使うの?」

ピアノの鍵盤の上に赤い花写真

大人になってピアノレッスンを再開した方の教本をご紹介します。

  • 高校生頃までピアノを習っていた
  • 当教室入会前に1年程、職場近くのピアノ教室で習っていた

そういう方です。

再開の方のレベルはまちまちですので、使う教本も違いますが、一つの参考例としていただければ幸いです。

メイン教本1冊、指の動きをよくする教本1冊、曲集1冊(計3冊)をレッスンで使っています。

本日のブログでは、メイン教本を紹介します。

メイン教本

大人になって再開する方の場合、現在のピアノレベルを把握して使う教本を決めます

体験レッスンでピアノを弾いていただいたり、直近のレッスンについて伺い、ご本人の希望も大切にします。

ピアノの練習ABC

メインの教本は「ピアノの練習ABC」(音楽の友社)です。

(画像、青いテキストはアマゾンへリンク)

LE COUPPEY ピアノの練習ABC 安川加寿子 校訂・注

「ピアノの練習ABC」は、バイエル後半くらいから使えるレベル。一般の曲集より少し大きいサイズです。

その分見やすいので、生徒さんと相談して、こちらを使う事にしました。

内容が同じもので「ルクーペ ピアノのアルファベット」(全音楽譜出版社)などもあります。

こちらは一般的な曲集のサイズです。

(画像、青いテキストはアマゾンへリンク)

ルクーペ ピアノのアルファベット (Zenーon piano library)

「ピアノの練習ABC」の特徴

この教本の特徴は下記の通りです。

  • 予備練習と練習曲がセットになっている全25曲
  • 曲を感じる練習曲
  • ♯(シャープ)の曲と♭(フラット)の曲が多いが、レベルに合った方であれば、意外に弾きやすい

「ピアノの練習ABC」曲の♯、♭の数

♯、♭が何もついていない曲7曲(臨時曲がついている曲あり)
♯1つの曲6曲
♯3つの曲3曲
♯4つの曲2曲
♭1つの曲6曲
♭3つの曲1曲
「ピアノの練習ABC」曲の♯、♭の数

教本を「ピアノの練習ABC」に決めた理由

生徒さんの教本を「ピアノの練習ABC」に決めた理由は、直近1年で習った楽譜を見せていただいて、♯(シャープ)、♭(フラット)の曲が少ないと感じたからです。

上達への意欲、初見力もある方なので、「ピアノの練習ABC」の♯、♭にも、すぐに慣れるし、上達の為にも必要だと考えました。

思った通り、レッスンは順調に進んでいます。

「曲になっていて、意外に弾きやすい」という感想も生徒さんからいただいています。

まとめ

大人の再開ピアノレッスンで使うメイン教本をご紹介しました。

レベルは皆さん違いますので、ご参考程度にしていただければ幸いです。

生徒さんのレベルを把握して、上達を目指すには「どんな教本がいいのか」、生徒さんの要望と合わせて考えます。

生徒さんの環境(お仕事、子育て、介護など)も考慮します。

次回のブログで、その他の教本、曲集をご紹介しますね。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」