「ずっと保育士を続けていきたいから」現役保育士の方がピアノを習う理由

男女の保育士イラスト

現役の保育士さんが、体験レッスンにお越しくださいました。

体験レッスン後にご入会いただきました。

ありがとうございます。ご縁に感謝いたします。

「ピアノが全く弾けません」

お問い合わせの際に「ピアノが全く弾けません」とメールをいただきました。

現役の保育士の方が「ピアノが弾けない」って、どういう事?と思う方もいらっしゃるでしょう。

保育士の資格を取得する方法について、お伝えする事から始めますね。

保育士資格を取る方法

保育士資格を取る方法 は、大きく分けて2つあります。

一つ目は、保育士資格の取れる学校へ通い、必要な単位を取得し、卒業する。

2つ目は、全国保育士養成協議会が行っている「保育士試験」に合格する。

保育士資格の取れる学校を卒業

保育士資格の取れる学校は、専門学校、短大、4年制大学などがあります。

「ピアノ」の授業もあります。

単位をきちんと取り卒業すれば、保育士資格が取得できます。

「保育士試験」に合格

「保育士試験」は、筆記試験と実技試験があります。

筆記試験は8科目(合格した科目は、合格した年から3年有効)

全て合格すると、実技試験へ進めます。

実技試験は「音楽に関する技術」「造形に関する技術」「言語に関する技術」の中から2つ選び、合格すれば保育士資格が取れます。

実技試験で「音楽に関する技術」を選択しない場合は、ピアノの試験がありません。

ピアノのイラスト

「音楽に関する技術」
幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする。

「造形に関する技術」
保育士の一場面を絵画で表現する。

「言語に関する技術」
3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、1~4のお話のうち一つを選択し、子どもが集中して聴けるようなお話を行う。

「令和3年保育士試験 前期用 保育士試験の手引き」より引用

「将来の為にピアノを習う」

本日ご入会の方は、保育士試験を受験された方。

「音楽に関する技術」を選択されず、ピアノと縁がありませんでした。

その方が「将来の為にピアノを習う」「これからもずっと保育士を続けていきたい」とおっしゃっていました。

8教科の筆記試験と2つの実技試験に合格して手にした「保育士資格」

時間もかかったでしょう。すごく努力もされたと思います。

「保育士をずっと続ける」ために、今はピアノに向かって進んでいらっしゃる、すごく前向きな方です。

思い立ってすぐに行動、なかなかできない事ですよね。

レッスンでは、ピアノ、楽典、コードも合わせて、ご指導させていただきます。

まとめ

やはり、保育士さんは「ピアノは弾けた方がいい」という事ですね。

初心者の方の独学は遠回りになる事も。

たくさんの教本の中から自分に合う物を探すのさえ、すごく大変です。

ピアノの弾き方のチェックもできませんよね。

ピアノレッスンを受ける事をおススメします。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」