保育士、幼稚園教諭のピアノレッスンで大切にしている事「コード」「楽典」

保育士男女のイラスト

のりえピアノ教室には、保育士・幼稚園教諭のレッスンコースが2つあります。

  • 保育士・幼稚園教諭を目指すレッスン
  • 現役の保育士・幼稚園教諭のレッスン

どちらのコースに共通して大切にしている事があります。

「コードにつながるピアノレッスンをする事」「楽典が身に付くレッスンをする事」です。

コードにつながるピアノレッスン

コードは和音の事です。コードでは、英語表記を使います。

Cは、ド・ミ・ソの和音。

Gは、ソ・シ・レの和音のことです。

このように、コードはアルファベットで表します(数字も使う場合があります)

でも、音楽やピアノに縁がなかった方にとって、いきなりコードの説明をしても難しいですね。

ですから、コードに徐々に近づけるように、レッスンを進めます。

保育士、幼稚園教諭の方は、コードを知っておくと便利

コードがわかれば、自分で伴奏を付けられまし、伴奏のアレンジもできるようになります。

保育士、幼稚園教諭の方は、コードを知っておくと便利です。

楽典が身に付くピアノレッスン

音符の名前や長さ、音楽記号、拍子などピアノを弾く上で大事な基礎知識が「楽典」です。

保育士、幼稚園教諭のピアノレッスンでは、「ワーク」などを使って学んでいきます。

「楽典」は「コード」にも通じる事なんですよ。

初心者の方が独学で勉強しづらい分野です。

「ワーク」は必ず説明しながら学ぶ

「ワーク」だけを生徒さんに渡して「自分で進めてね」はありません。

必ず、説明しながら学びます。

「しっかり身に付けてほしい」という思いで、 宿題を出す事はあります。

宿題の量は、生徒さんに確認しながらですから、ご安心くださいね。

まとめ

  • 保育士・幼稚園教諭を目指すレッスン
  • 現役の保育士、幼稚園教諭のレッスン

の生徒さんは皆さん、頑張っていらっしゃいます。

ピアノの上達も日々感じて嬉しいですね。

生徒さんの「がんばり」は、必ず将来に結び付くと信じています。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」