保育士を目指す高校生のピアノレッスン「譜読みドリル」を使って音符を読めるように

赤いハートのクロスに音符テープ写真

緊急事態宣言中ですが、感染防止対策を万全にして、体験レッスンを行っています。

そういう中で、高校生の方が体験レッスンにお越しくださり、ご入会いただきました。

保育士を目指している方で、ピアノの経験がない方です。

まずは「音符を読める」ように

ピアノや楽器の経験のない方は、音符を目にする機会もないので、スラスラ読めないのは当たり前。

「保育士を目指す」ピアノレッスンでは、まずは「音符を読める」ようにします。

ピアノを弾く事や音楽ワークも同時に行うので、効率よく進めないと、アッという間にレッスン時間が終わってしまいます。

では、どうしたら効率よく進められるのでしょうか。

のりえピアノ教室で行っている事をご紹介します。

「譜読みドリル」を使用

五線に音符だけのシンプルな「譜読みドリル」を使います。

音符も全音符(白い○だけの音符)だけ。

ト音記号、ヘ音記号の譜読みができる「譜読み②」を主に使用します。

音楽の基礎学習プリント 書いて覚える徹底!!譜読 2

「音符をどう読めばいいのか」を生徒さんに教えて、自宅で取り組んでもらったり、レッスンで読んでもらいます。

ご自身のペースで進めていただくので、ご安心くださいね。

無理しても続かないですから。

数回使うので答えはノートに

「譜読み②」 は数回使うので、自宅で取り組んでもらう時は、ノートに答えを書いていただきます。

答え合わせまでして、レッスンで見せてもらいます。

1週間に1回のレッスンだけで「譜読みドリル」に取り組むより、早く読めるようになりますよ。

ピアノを弾く時間しかとれない方は、レッスンで行いますので、ご安心ください。

まとめ

保育士を目指す高校生の方が、音符を読めるようにするために、行っている事をお伝えしました。

ただ、「譜読みドリル」だけでは不十分。

音符の長さや、リズムなども学ばないと楽譜は読めないので、「音楽ワーク」も平行して使います。

 

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」

未経験の方、初心者~経験者の方、シニアの方、60歳以上の方、大歓迎。
独学、再開の方もお待ちしています。

8/31~9/30の体験、新規ご入会レッスンは、オンラインで行います。詳細はこちらから