エレクトーン挫折~その時の経験をピアノ教室に生かす

時計と本

何十年も前の話しです。会社員の頃の事です。

会社に慣れた頃に、以前から興味のあったエレクトーンを習い始めました。

ピアノはずっと習っていたので、エレクトーンとの掛け持ちです。

エレクトーン挫折

「将来、ピアノとエレクトーンを教えたい」将来というのは、結婚して子供を産んで、落ち着いた頃をイメージ。

当時、結婚の予定は全くなかったですが(笑)

でも、先生との相性っていうのでしょうか?合わないのかな?と早い段階で思ってしまい、結局、挫折…

購入したエレクトーンは数年後処分。型が古くなったし、弾かないし…場所をとるので解体しました。

レッスンが苦痛

草原を手でなでる写真

「ピアノの弾き方で、エレクトーンを弾いてはダメ」とエレクトーンのレッスンで注意を受けていました。

エレクトーンは電子オルガンなので、軽いタッチで音がでます。一方ピアノは鍵盤を下まで押して弾きます。

幼少からピアノを習っているので、どうしても軽いタッチで弾く事ができません。

かなり意識して自宅練習しましたが、レッスンでは叱られてしまいます。

徐々に先生の叱り方が感情的に…
「ピアノが弾けると思って……」と言われるようになりました。レッスンが苦痛に。

「ピアノの弾き方まで変わってしまうかも」という気持ちもあり、数か月頑張ったのですが結局辞めました。

ふとした瞬間に思い出す

本と写真花とキャンドルでノスタルジーを表現

当時の先生は、出来の悪い生徒(私)にイライラして、つい出た言葉だったかもしれません。

でも、言われた側は覚えているんですよね。

当教室の生徒さんにも、以前のピアノの先生に対して良く思っていない方がいます。

「思い出すと不愉快です」そうおっしゃいます。やはり忘れる事は、なかなか難しいですね。

ふとした瞬間に思い出すもの。

ピアノ教室に生かす

ピアノ教室を開講した時「指導の仕方でピアノを嫌いにさせない。感情的な指導はしない」と心に誓いました。

当時の思いを、現在のピアノ教室運営に生かしています。

無料体験レッスン&お問い合わせ

渋谷ピアノ教室は、大人の方専用の教室です。
未経験・シニアの方、大歓迎。保育士・幼稚園教諭のコースもあります。
無料体験レッスン実施中。お気軽にお問い合わせください。