「ピアノで何か弾いて」と言われた時のために

楽譜にヒヤシンス

大人の生徒さんが「ピアノで何か弾いて」と言われた時に「すぐに弾ける曲がなくて困った」そうです。

レッスンでよく聞くお話です。

「何か弾いて」は結構ハードルが高い

孫に何か弾いてと言われました。

これという曲が思い浮かばなくて困りました。

「今練習している曲でいいから弾いて欲しい」と言われました。

楽譜が無いので弾けませんでした…

その時の気持ち、痛いほどわかります。

「何か弾いて」は結構ハードルが高い!突然だと困っちゃうんですよね。

「何か弾いて」の対策として、生徒さんは、以前レッスンした曲をもう一度練習する事にされました。

以前レッスンした曲はすぐに弾ける?

イエス、ノウの文字が空に書いてある

「以前レッスンした曲はすぐに弾けるのでは?」と思われがちですが、そうでもないです。

ずっと、弾き続けていれば十八番の曲となりますが、久しぶりに弾くのであれば「弾けない」はよくある事。ピアノってそういうものです。

ただ、一度目に練習した時より、早く仕上がる場合もあります。覚えている事もあるからです。

ずっと前に弾いたきりであれば、忘れてしまうのも仕方がありません。

得意な曲があると困らない

ですから、得意な曲にしたい場合は、時々弾くと忘れにくいです。

「何か弾いて」と言われた時に、得意な曲があると困らないですしね。

「何か弾いて」と言われた時の為ばかりでなく、すぐに弾ける曲があると嬉しいし、「ピアノを弾こう」という気持ちにも繋がります。

まとめ

ピンクの背景に白いハートのイラスト

私も体験レッスンで「1曲何か弾いてください」と言われた時に、「ドキッ」とした経験があります。

有名で短い曲を練習していたので、落ち着いて演奏できました。

「練習しておいて、よかった」とホッとした事を覚えています。

講師ですから、突然の事にも備えないと。

それからは、よく知られている短めの曲を練習しています。

瀬戸市にある大人のピアノ教室
「のりえピアノ教室」