「保育実習理論」音楽(保育士試験)は2、3回のレッスンで理解できますか?|ピアノ教室への問い合わせ

考える男の子イラスト

保育実習理論

「保育実習理論」は筆記試験(保育士試験)の科目の1つ。「音楽」の問題が出題される科目です。

問い合わせの方

保育士試験を受験予定です。「音楽実習理論」音楽は2、3回のレッスンで理解できますか?
音符は読めません。

電話でお問い合わせをいただきました。

お力になりたい!でも音符が読めないとなれば、2、3回のレッスンでは難しい~その旨を伝えると

何回レッスンに通えばいいですか?

しぶや

その方のご理解によりますので、何回とは明確に答えられないんですよ~

答えに困ってしまいました。2、3回のレッスンで難しい事は、ハッキリしていますが……

じっくり取り組んだ方が理解できるし、忘れにくい

「音楽実習理論」音楽の問題は、範囲が広いです。伴奏付け、コード、移調、音楽の基礎知識から出題されます。

初めて勉強する方にとって理解しづらい事も多いです。でも「楽典」の中で、伴奏付け、コード、移調は、すごく大事なこと。

※「楽典」とは、音楽の基礎的な理論

赤いハートのクロスに音符テープ写真

保育士さんにとっても大事です。実際に、メロディー譜にコードだけの楽譜を実習で渡された生徒さんがいました。

コードを理解して、伴奏を付ける、試験勉強は机上だけの事ではないですね。

すぐに活かせるようになるかと言えば、難しいかもしれません。

でも、じっくり取り組んだ方が、理解ができるし忘れにくいと思います。

まずは音符を読めるようにする

 電話でのお問い合わせで「音符は読めません」との事なので、まずは音符を読めるようにしましょう。

独学でも取り組めます。市販の譜読みドリルもあるので、活用するのもアリですね。

譜読みドリルをご紹介します。ドリルの中身はシンプル。5段の楽譜に音符が書いてあるだけです。

もう1つ上のレベル(6段)と導入があります。導入は使った事がないです。

「保育実習理論」音楽の問題で独学できる事

花本眼鏡コーヒー写真

譜読みの他に独学でできる事は、音楽の基礎知識の問題です。音楽記号や音楽史などの問題が出題されます。

  • 過去の問題を解く
  • 音楽記号、音楽史などの教材、本などで勉強する

過去問は新しい問題集も解きましょう。伴奏付け、コード、移調の問題でも使えます。

音楽記号は、省略されてない形の出題が多いです。気を付けましょう。

まとめ

音符の読めない方、初めて勉強する方にとって、「保育実習理論」音楽の問題は、2、3回のレッスンで理解する事は難しいです。

独学できる事もあるので、取り組めば通う回数が変わってくる可能性はありますね。

↓ ニャニュニョのてんきよほう 簡単伴奏

無料体験レッスン&お問い合わせ

瀬戸市にある大人の方専用のピアノ教室です。
未経験・シニアの方、大歓迎。保育士・幼稚園教諭のコースもあります。
無料体験レッスン実施中。お気軽にお問い合わせください。