ピアノを弾く時の目線~楽譜だけ見続けるのが正しい?

楽譜を立ててピアノを弾いている

楽譜立てに楽譜を置いてピアノを弾く時は、どこを見ていますか?
ピアノを弾く時の目線について、考えてみました。

楽譜を目で追いながらピアノを弾く

楽譜を立ててピアノを弾く時は、楽譜を目で追いながら弾くのが「良い」とされています。

ピアノの経験が浅い方には、楽譜を見ながらピアノを弾くのが「難しい」という方もいます。
「鍵盤を見て確認しないと、音の位置がわからない」ので、鍵盤から目が離せないのでしょう。

音の位置が手でわかるようになれば、楽譜を目で追いながら、ピアノが弾けるようになると思います。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ、諦めず…根を詰めず…できない時はできないで(笑)

ただ、鍵盤を一切見ないで、楽譜だけ見続けるのが正しいのでしょうか?

鍵盤を一切見ないでピアノを弾く事は、不可能

鍵盤を一切見ないでピアノを弾く事は、正しいか正しくないかと言うより、不可能です。
音と音の間が離れている場合、鍵盤を確認しないと弾けないですよね。

和音や黒鍵を弾く時も、鍵盤を確認したい時があります。

ただ、鍵盤を見る時は「チラッ」にしないと、楽譜に目を戻した時「どこを弾いているかわからない」になってしまいます。

楽譜と鍵盤の間を動く目線

ピアノを弾く時は、楽譜を見続けながら、必要に応じて鍵盤も見ています。
目線は、楽譜だけ見る、鍵盤だけ見るのでなく、楽譜と鍵盤の間を動いているんです。

上記でも書きましたが、音の位置が手でわかるようになれば、目線も徐々に動かせるようになるでしょう~

手の鍵盤感覚を養う教本

初心者から使える「スーパーフィンガーズ」、経験者の方におススメの「ハノン」など、指の動きを良くする教本は、手の鍵盤感覚を養うのに使えます。

また、「ブラインドタッチ」を身に付けるためのピアノ教本もあります。

その他にも数多く出版されているので、ご自分に合う教本を使うと、身に付くのに時短になるでしょう。

無料体験レッスン&お問い合わせ

渋谷ピアノ教室は、大人の方専用の教室です。未経験・シニアの方、大歓迎。保育士・幼稚園教諭のコースもあります。無料体験レッスン実施中。お気軽にお問い合わせください。